LD(学習障害)の基礎知識と便利グッズ

計算が出来ないLD君 発達障害の基礎知識
スポンサーリンク

発達障害の基礎知識

こんにちは。あかねこ(@akaneko222222)です

 

このブログでは発達障害について書いているのですが、そもそも「発達障害」の基本的な部分について説明する事がなかったので、今回書いてみました。

LD(学習障害)とは

LD(学習障害)とは発達障害の一種です。

 

発達障害は大きく分けて3種類(ASD、ADHD、LD)に分類されますが、LD単独というよりだいたいASD、ADHDを併発している事が多いです。

難読障害(ディスレクシア)

文字が読めないLD君

 

  • ひらがなを読み間違える(「ぬ」や「い」など似たような形の文字を間違える)
  • 読んでいる文字や文章の意味を理解出来ない
  • スムーズに音読が出来ない。文章を読むのがたどたどしい

 

国語の授業で「ここからここまでを大きな声で読んでください」という授業が苦痛すぎる。

スムーズに読めなくて周囲にからかわれる。

読書感想文を書けと言われても、本に何が書いてあるのか意味不明なので書けない。

字が二重になったり、ゆがんで見える。老眼じゃないのに。

小説や新聞は字だらけで、到底読めない。

 

算数障害(ディスカルキュリア)

計算が出来ないLD君

 

  • 数の概念がない
  • 数字の規則性などがわからない
  • 簡単な計算が出来ない

 

「34-17」とかの簡単な暗算が出来ません(自分が今、暗算したら16でした。答えは17)

よく「規則的な数字が並んでいて、空白に当てはまる数字は何でしょう?」とかいうクイズがありますが、意味不明すぎる。

時計が読めないから時間がわからない。

 

書取障害(ディスグラフィア)

 

  • バランス良く文字が書けない
  • 黒板の内容を書き写すのが極度に遅い
  • 考えている内容を字で表現することが難しい

 

自分ではちゃんと書いているつもりなのに、後で見返したら何書いてあるのか読めない。

黒板に書いてある内容をちゃんと写しているつもりなのに、違う字が書いてある。

口では080…ゼロハチゼロ…と電話番号を言っているのに、実際に書いている数字は808とか別の数字になっている。

おかしい。17って書いたはずなのに16っていう数字を書いている…

 

LD(学習障害)の原因は

学習障害は何らかの脳機能の障害が想定されていますが、脳の部位や原因は特定されていません。

 

読字障害(ディスレクシア)への対応方法

蛍光ペンを使う

蛍光マーカーは、こういうやつ。

強調したい部分は文字色を変えるのではなく、マーカーのほうがわかりやすいようです。

新聞や小説も蛍光マーカーをひくことによって多少読みやすくなります。

カラー下敷きを使う

真っ白な反射してノートは見にくい事が多いので、薄い緑や青の用紙だと見やすくなります。

少し前に「色付きノート」が話題になりましたが、こういう下敷きを使うと市販のよくある真っ白のノートや、教科書でも読みやすくなりますよ。

色は目に優しいグリーンがオススメ。

 

 

こちらは線が入っている定規タイプなので、今読んでいる部分がどこかわかりやすいです。

 

UDデジタル教科書体を使う

一応、このブログ全体をUDデジタル教科書体になるように設定しているのですが、やり方が違うのかフォントが変わりません…

UDデジタル教科書体はLDの人でも見やすいとされているフォントですので、画像で文字バナーを作成する時は、UDデジタル教科書体で製作するようにしています。

こういうフォントです↓

ユニバーサルデザインフォントのUDデジタル教科書体

 

書取障害(ディスグラフィア)への対応方法

マス目が入った紙を使う

定番ですが、マス目が入った原稿用紙はやっぱり使いやすい。

字の大きさがバラバラになってしまいがちなディスグラフィアの人には方眼紙などのマス目がある紙を使ったほうが良いです。

マス目は大きい方が書きやすいです。

習字を習う

普段、あまり毛筆を使う事はないから硬筆のほうが良いのでは?という感じですが、毛筆のほうが大きい字を書くし、1つ1つの字の形がわかりやすく「とめ」「はね」などが理解しやすいので、毛筆のほうが良いです。

デジタル入力を許可してもらう

デジタル化が進んで手書きでなくても良いという場面が増えてきました。

どうしても文字がうまく書けないのであればタブレットなどでデジタル文字を入力することを許可してもらったほうが早いです。

 

今後デジタル社会が進んで、どうせ手書きすることなんてないから字が下手でもいいや♪という人も多いですが手書きする機会が減るだけで全くなくなるという事はないはずです。

算数障害(ディスカリキュリア)への対応方法

珠算を習う

これは個人差がありますが、やってみる価値はあると思います。

昔ながらの「そろばん」を習っていた人は暗算が得意になりますので。

ディスレクシアの人は書く事も苦手な事が多いので、筆算だとだんだん何書いてんのかわからなくなってしまいます。

 

 

私もそろばんを習っていましたが、ソロバン経験者がよく言う「頭の中にそろばんが浮かぶ」というのが全く浮かばないのでダメでしたが。

インターネットそろばん学校なんてものもありました。

 

電卓を許可してもらう

最終手段、電卓。

どうしても計算出来ない時は電卓に頼っても良いと思います。

私は暗算は全く出来ませんが、電卓打つのは速いです(商業高校出身あるある)

仕事ではExcel使って計算しています。

なので正直、大人になった今は計算出来なくても生活には困っていません。

 

LD当事者から一言

私自身、LDに関しては正式な診断を受けていないのでグレーゾーンです(ASDは診断を受けています)

 

昭和生まれですが、昭和生まれの学生時代にLDなんて言葉はなくただの「アホ」扱いでした。

令和の今でも「アホ」扱いされている人は多いと思います。LDってまだまだ認知度低いので。

LDの人って「勉強が嫌い」なわけじゃなく、どちらかというと勉強が好きな人が多い気がします。

勉強って「わかった!」と自分の中に知識を吸収していくのが楽しいのに、学習意欲はあるのに読み書きが出来なくて思うように勉強出来ないって辛いですよね(´・ω・`)

 

このブログはASDがメインですが、LDの人にも参考になれば嬉しいです。

更新時にお知らせします→


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
プロフィール
サイトウアカネ

サイトウアカネと申します。
発達障害(アスペルガーASD診断済み。ADHDグレー)女性が自分の過去や日常を4コマ漫画でイラストブログ更新中。
登場人物紹介

◎アラフォー子なし主婦
◎茶トラ猫と同居中
◎きもの好き。着物でお出かけ
◎滋賀県民。びわこ
◎ノンスタイル井上さんに顔が似ています。どうだイケメンだろ。
◎いじめ、不登校、鬱、自虐、摂食障害、離婚、親の介護、リストラ。出産と育児以外の道は通ってきました

質問、イラスト依頼はお問い合わせからお願いします

\フォローしてね/
発達障害の基礎知識
\シェアしてね/
\フォローしてね/
あかねのアスペルガー人生
error:Content is protected !!