「金輝」発達障害アートカフェバーin大阪

あかねこの日常

スポンサーリンク
スポンサーリンク

絵の勉強をしたことがない

こんにちは。イラスト描く事は好きですが、知識は全然持っていない、あかねこ(@akaneko222222)です


絵画について、特に勉強したことはこれといってありません。

中学生の頃に美術部に入っていた程度なので、絵の描き方をこれといって教えてもらった事はありません。

母親が絵画教室に行っていたので、それで多少色の塗り方なんかは教えてもらってたけど、私は教室に行ってないし…

そんな完全独学の人が「作家さんと不思議さんのイラストPR交流会」というイベントに参加してきました。

金輝in心斎橋

「金輝@kinkihattatu」という「発達障害カフェ&バー」が大阪の心斎橋にあります。

10月くらいかな?に存在を知って、行ってみたいなぁ。でも行く勇気がないなぁ。としばらく様子を見ていたのですが

今回「イラスト描ける人を募集」されていたので「行ってみよう!」と思って頑張って行ってみました。

午前中に「異才ネットワーク」さんの会に参加して、午後から金輝さんへ。

異才ネットワーク「大人の発達障害」in滋賀
滋賀県大津市を中心に、発達障害児と保護者(発達障害の子供と、その親)を対象に活動されている「異才ネットワーク」さんのイベントに参加してきました。


人身事故で電車止まってて焦りました…

時間に余裕を持って行ったはずやのに、電車止まってるから動けないという。

JR止まってるのなら他の私鉄使えば良いやん~って感じやろうけど

滋賀県はJR止まったらすべて止まります

他の私鉄は皆無やし、地下鉄もバスも通ってないので\(^o^)/オワタ

イラストがいっぱい!

時間ギリギリに何とか到着出来ました。

「アートカフェバー」という名前通り、店内はお客さんが描いたと思われるオリジナルイラストがたくさん貼られていました。

これがまた個性的で面白い!!

発達障害者の描くイラストって個性的な絵が多いと思います。それがまた楽しい。

美術館とか、絵を見る事が好きなので楽しかったです。


以前描いた花魁イラスト気に入っているので印刷してポストカードにしてみました。

店内に貼ってもらっています♪

左下の「わたり歩き」のイラストとかめっちゃ面白い(笑)こういうの好き(*^▽^*)

発達障害者が描いたポストカード

花魁イラストの元々はこれです↓

アスペルガー特有の過集中で描いた花魁イラスト
クリスマスっぽい柄の着物を着た花魁(おいらん)のイラスト(絵)を描きました。
スポンサーリンク

コースターアート

「飲み物を置くコースターに、イラストを描きましょう♪」

ということで真っ白のコースターにペンでイラストを描いていくのですが

私、どこかに出かける時はある程度「脚本」を作るタイプなので

コースターもある程度「どういう絵を描くか」を事前に考えていました。

まずは1つ目。適当にささっと描いたので塗りとか適当ですが、舞妓さん。

舞妓さんのイラストのコースター

こっちは芸子さん。

個人的には芸子さんのほうが好きです。

芸子さんのイラストのコースター

実際の仕上がりはだいぶ違うものになってしまいましたが(;´・ω・)

参加者さんが少なかったのでコースターが余ってしまったので、さらに描く事になって

何を描けば良いのかわからなかった(考えていなかった…)

たくさんの可愛いコースターが出来上がりました!!

発達障害者が描いたオリジナルコースター

あ、こんなイラスト描いたのは私だけなので実際の金輝さんは全然和風な感じではなく

本や雑貨が所狭しと置いてあったり、発達当事者さんの個性的な作品が販売されていたりして、カラフルで楽しい感じでした。

いかにも大阪!って感じ。

照明が若干暗くされていたので、少しカラフル感は抑えられていました。

白玉アート

「白玉を使ってアートを作ろう♪」

ということで、ツヤツヤの白玉を真っ白のお皿に乗せて、チョコペンやキナコなどでアートを作っていく。

これは事前に考えることが出来なくて(一応事前に考えてたけど、結局頭の中では完成しなかった…)

実際にやってみてもうまく出来なくて、うーん・・・???

頭の中まで真っ白になってしまった


白玉アートとは、こんな可愛いクリスマスツリーが出来たり。凄い!!!

こういう発想が全然出来ひんなぁ…

私の作品はあまりに下手なので載せません(;´Д`)

白玉を使った白玉アート

絵の勉強になった

司会のエリさんは絵を描くのがめちゃくちゃ早くて、展覧会やイラコンなどに積極的に参加されています。

自分でも絵画展とかやりたいな~とか、話される内容が常に上を向いていて凄いなと思った。

ポートフォリオを見せてもらったのですが「プロフィール」「経歴」「イラスト」が一度に見れるのは良いね。

「見えない障害があります」という言葉が一番最初に説明してあったのが印象的やった。

相方のれぼこちゃんがめちゃくちゃ可愛かった。写真で見るより実物もっと可愛い!!

れぼこちゃんにクリスマスプレゼントいただきました。ありがとうございます。


参加者のエイミさんは可愛い動物のイラストを描かれる方で、コピックを使ったことがない私に

丁寧に使い方を教えてくれました。ありがとうございます(´;ω;`)

いや、存在は知ってたんやけど

コピックって値段高いやん!!!

(コピックスケッチは1本300円、コピックチャオが250円)




初めて使ってみたけど、めちゃくちゃ使いやすい!!!!

こりゃ皆ハマるわけやわ。

でも実際に自分で買う事はないと思います。

貧乏なんやって!!!!!


金輝さんにイラストレーターの必需品、コピックいっぱい置いてありますよ~。

イラストレーターの必需品、コピック

スポンサーリンク

見た目には、絶対わからない

マスター、エリさん、エイミさん、私の4人しかいませんでしたが普段はもう少しお客さんがいるようです。

4人とも発達障害者だと言われても、ぱっと見ただけや、少し話した程度ではわからないと思います。

それこそ本当に「見えない障害」。


「ADHDなんです」

「ASDなんです」

と言ったとしても、わからないと思います。

当事者同士なら何かわかるのかな、と思ったけど、やっぱりわからなかった

あってくれて、ありがとう。

私が住んでいる滋賀県のびわこ放送で「あってくれてありがとう」というコーナーがあります

滋賀県民がおすすめする、身近にある「あってくれてありがとう」と言いたい小さい企業の紹介。

昔からある老舗や、最近はじめた個人店など、どれもローカルなお店なんやけど、どのお店からもあったかい感じが伝わってくる。

金輝さんもこんな感じがしました。


「発達障害者のカフェ」っていうのは本当に最近出来たばかり。

昔は存在すらなかったもんね。

東京「necco」

名古屋「co-necco」

大阪「金輝」

さんが有名かな。他にもあるかもしれませんが、あんまり知らない…

名古屋はたまに行くので、次に名古屋行った時にコネッコさんに行ってみようと思っています。

誰でも行けます

「発達障害者カフェ」と言ったら「発達障害者じゃないと行けないの?」

「診断されていない、グレーゾーンだけど行けるの?」と思われがちですが、誰でも行けます。

ただ、参加者さん達は圧倒的に発達障害者の当事者、または発達障害者が周りにいる人が多いと思います。

むしろ当事者さんや、周囲に発達障害者さん達が行く場所かなと。

なかなかこういう話は普段出来ないから、普段出来ない話をするのに向いてます。


また「カフェ&バー」ですが、ノンアルコールメニューも多いので飲めない方や未成年の方でも入れます。

金輝さんの内装、カウンター


スポンサーリンク

後日談

本当はこの後、第3弾の予定も入れていたのですが

少し予定が長引いてしまったので、第3弾の予定をキャンセルさせていただきました。

申し訳ございません(;´Д`)

行く気満々で飲み物も持参していたんですが…重たかったのに…


1日に3つも発達障害の会に行こうと予定を詰め込む自分が悪いんですが


だって全部同じ日やったんやもん…

あんまり大阪まで行かないから大阪のイベント行っておきたかったし。

今のところは次に、どこかの発達障害者の会に参加する予定はありません。

お誘いがあったら行くかも←


というか、絵を描く事に刺激されたから、絵を頑張って描こうかなと思った。

イラストコンテストに出展するのも良いなとか

独学で良いからデジタルイラストの描き方を勉強するとか


いなばみみこさんみたいに個展を開けたら素敵やんね。

本人はいらっしゃらなかったですが、キラキラした可愛いポストカードもらいました。うさぎー!かわえー!!

芸子さん、最初のラフ画よりだいぶ怖くなってしまったし…

私もこんな可愛い絵が描けるようになりたい…

四コマを描くときはあんまり濃い色にならないよう、薄い色を使うようにしてるんですが

萌えイラストが描けないので、ふんわりした感じにならず\(^o^)/オワタ

いなばみみこさんのウサギのポストカード

1日で2つ、発達障害関係の場所に行きましたが

異才ネットワークさんと金輝さん、この2つに共通している事がありました。

偶然かもしれないし、些細な事なんですが、私にとっては嬉しい共通点でした。

扉恐怖症はドアが怖いわけじゃなく見えないのが怖い
「扉恐怖症」「ドア恐怖症」と言われる恐怖症があります。ドアそのものが怖いのではなく、ドアの向こうが見えないのが不安で怖いという恐怖症です。
error:Content is protected !!