扉恐怖症はドアが怖いわけじゃなく見えないのが怖い

あかねこの日常

スポンサーリンク
スポンサーリンク

扉恐怖症

こんにちは。扉恐怖症の、あかねこ(@akaneko222222)です


高所恐怖症とか、対人恐怖症とか、色々恐怖症を持っているのですが

一番周囲に理解されにくいのが、この扉恐怖症です。

そもそも「扉恐怖症」の人が少ないからなんやけど。

ドアの何が怖いって?怖いもんは怖いねん!!

扉恐怖症。ドア恐怖症。いろんな恐怖症。
扉の向こうが見えなくて怖いという扉恐怖症。学校の教室や、カフェなどの飲食店にすら恐くて入れないので日常生活に支障をきたします

2つの発達障害の会の共通点

先日、1日の中で午前中に滋賀の「異才ネットワーク」午後に大阪の「金輝」に行ったのですが

偶然、この2つに共通点がありました。

発達障害者の会だから、発達障害についての何かの共通点??

さてなんでしょう??

ってクイズを出したところで、イラストですでに正解書いているんですが

どちらも入口の扉が少し開いていた

案内がなければ到着出来なかった

異才ネットワークさんに行った時は場所がわからずに周辺をウロウロしていたのですが

主催者の方が建物の入り口に立っていらっしゃって

「〇階の右奥の部屋です」と案内してくださいました。

この案内がなかったら、絶対たどりつけなかったです(´・ω・`)


初めて行く場所にたどりつけないって事が今まで何回もあるんですが

何でみんなたどりつけるんやろう??

「〇〇公園に×時に集合!」って言っても、〇〇ってめっちゃ広いから

どこかわからんし!ってのがしょっちゅうあった。

「わからなかったら電話くださいね~」とか書いてるけど

私、電話が大の苦手やから電話出来ひんし!!!!!

初対面の人やったらなおさら、誰かわかるわけないやろ!


定型の人はわかるもんなんですか!?

私が理解力ないだけ?!?!

スポンサーリンク

ドアが開いてた!!!

そして〇階の右奥の部屋にたどり着くと、ドアが少し開いてました。

時間ギリギリに到着したので写真撮るの忘れたんやけど(;´・ω・)

ドアが開いてた~~~~~~~~~~~~

開いてて、中にいる人たちの姿が見えました。

こんな感じの中央にすりガラスがあって、中が少し見える扉でした。

すりガラスが真ん中にあるドア

これで、ぴっちり扉が閉まってたらたぶん入る事が出来なかったと思います。

だって何も書かれていないし

(発達障害の会、とか紙に書いて貼ってあったらまだわかったんやけど)

この部屋で合ってんのかなぁ?とか色々考えて、結局入室出来ず…とかあるし…


中から「うちの子は〇〇に通っていて~」とか発達障害の会話が聞こえてきて

「あ、ここで合ってるんやな」と思いました。

会話が聞こえなかったら、たぶんそのままドアの前でどうしよう~ここで合ってるのかな~とウロウロしてたと思う。

ただでさえ時間ギリギリに到着したのに…

そして帰りも急いでいたのでドアの写真撮りそびれた。


異才ネットワークさんに行った時の詳しい話はこちらに書きました↓

異才ネットワーク「大人の発達障害」in滋賀
滋賀県大津市を中心に、発達障害児と保護者(発達障害の子供と、その親)を対象に活動されている「異才ネットワーク」さんのイベントに参加してきました。

またドアが開いてた

金輝さんはHPに詳しい行き方の地図が載っていたので、それを参考にして行ったのですが

ここもドアが少し開いてました(こっちはちゃんと帰りに写真撮った!)

写真だとわかりにくいですが、ほんの少し開いてたんです


こういう「中が全く見えないドア」は扉恐怖症にとって一番苦手なドアなんですが

「少しドアが開いていた」ことにより、入る事が出来ました

これも開いてなかったら、ドアの前でウロウロして不審者になっていたと思う…

大阪にある発達障害カフェバー金輝のドア

金輝さんに行った時の詳しい話はこちらに書きました↓

「金輝」発達障害アートカフェバーin大阪
「金輝」大阪の心斎橋にある発達障害アートカフェバーで開催された「作家さんと不思議さんのイラストPR」イベントに参加してきたのでその時のレポートです。

偶然か、意図的なのかは、わからない

異才ネットワークさんも、金輝さんも、ドアの事まで考えていたかどうかは正直わかりません。

たまたま開いていたのかもしれないし、わざと開けていたのかもしれない。

ちゃんとドアを閉めていないと今の時期やと寒いし、暖房の効きも悪くなるしね。

ただ、偶然にも「1日のうち2つの会にいって、2つともドアがあいていた」ことがビックリしたのと、嬉しかった。

些細な事なんやけど、テンションあがりました↑

スポンサーリンク

ドアが怖い人もいる

こうやって「ドアが怖い扉恐怖症」の人っているんです(´・ω・`)

ドアが怖くて中に入れない。

こんな事が過去に何回もありました。それは今でも怖いです。

そしてこれはなかなか理解してもらいにくい事です。

「ドアの何が怖いねん」って。


高所恐怖症は、高いところが怖いよね。

閉所恐怖症は、狭いところが怖いよね。

扉恐怖症は、扉が怖いよね…?!


別に「扉恐怖症を理解してほしい」と言ってるわけではなくて

「扉恐怖症の人がいる」というのを知ってもらえたのなら、それで良いです。

ドアの何が怖い?

素朴な疑問として「扉の何が怖いの?」と思う人も多いやろうけど

「扉の向こうに何があるかがわからない」のが怖いんです。


視覚優位なので、見えない情報は理解することが難しいです。

情報は、ほとんど目で見て判断します。耳からの情報も入れますが、すぐ忘れます

なので「扉の向こうに何があるのか見えない」と

目で見て判断が出来ない→不安→怖い

と思ってしまうのかもしれません。

家の中とかやったら扉の向こうに何があるかとか自分の中でわかってるから大丈夫やけど

行ったことがない場所とかやったら、扉の向こうに何があるのかなんて見たことがないからわからない。


だから中が見えるガラス扉とかやったら平気です。

扉が少しだけでも開いてたり、窓があったりしたら、そっから中をのぞくのでまだマシです(不審者)

スナックのドアみたいに、完全に中が見えないタイプのドアが一番苦手です。

SNSは、自動ドア

以前「SNSは自動ドアだ」と書かれているのをネットで見かけたことがあるんですが

「ほんまやなぁ」と思いました。

Twitterとかって、入口がめちゃくちゃオープンで広いやん。

前に立っただけで手を動かさなくても自動で扉が開くし、中の様子も見やすい。

過去の情報をさかのぼれば、どんな人なのかがわかる。


そういう「自動ドア」に慣れてしまうと「中の見えない重い扉」を開けるのは苦手になるのかもしれないね。

私はSNSがない時代から扉を開けるのに苦戦してますが…

学校なら大丈夫?

学校やったら毎日行っているから大丈夫やろう、と思われるやろうけど

教室の中って全員いる場合も、数人だけいる場合も、他のクラスの人がいる場合も、

静かな時も、騒がしい時もあるし

その時々によって違うやん。

だから「教室の中がどうなっているか見えないから怖い」っていうのがあって、教室に入れない事が何回もありました。

見えたら見えたで怖いけどね。超能力者かって。そんな能力は持ってません(´・ω・`)

スポンサーリンク

職場なら大丈夫?

大人になってから働き出しても、面接の時点でドアに入れない事が何回もありました…

何とか入店出来ても落とされまくるし

せっかく入っても何やかんやで長続きしない職場がほとんどでした

このバイト落とされる話は個人的に気に入ってます↓

アスペルガーがバイトの面接を受けるも受からない話その2
顔面偏差値が低いと言う理由でバイトの面接を落とされました。ブスの女性は仕事すらさせてもらえません。ブサイクで悪かったな。


最終的に一番長く続いた職場は、少人数で会話も少なく環境の変化もほとんどなかったので居心地が良かったです。

平凡、淡々とした毎日だったので、退屈やと思う人もいるかもね。

大人数だと、職場に来るたび環境が変わってしまってパニックになるので、たぶんまた逃げ出してたと思います。

扉との戦い

もちろん私も何もせずにただ逃げているわけではなく

体調の良い時はなるべく外出して、お店とか入れそうな時は入る練習をしています

(入れない時のほうが多いけど…)


誰かと一緒に入る時はまだこの恐怖心がマシなので入る事が出来ることが多いので

扉が怖いなんてそぶりは見えないと思いますが

(だいたい誰かに先に入ってもらうようにしている)

一人になると恐怖心と戦ってます。

今までも、これからも、扉との戦いは続く!!



∧_∧      ぼこぼこにしてやんよ
( ・ω・)=つ≡つ
(っ ≡つ=つ
/   ) ババババ
( / ̄∪

error:Content is protected !!