「きらり」発達障害専門雑誌

あかねこの日常

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発達障害専門雑誌「きらり」

こんにちは。活字は大の苦手、あかねこ(@akaneko222222)です


もともと読書があんまり好きじゃないです。

特に小説とか新聞といった「字ばっかり」の本はとても読めない…

漫画や雑誌は好きですが、あんまり読むことはないです(´・ω・`)

LD(学習障害)があるかどうかは、わかりません。

紙の本より、電子書籍派。

そんな本嫌いなのですが「きらり」という紙の雑誌を買ってきました。


「きらり」発達障害専門雑誌


珍しい発達障害専門雑誌!

「発達障害の本」って数が少ないです。

私が「アスペルガー」だと診断された2010年頃は、全くと言っていいほど情報がありませんでした。

本もまったく売ってなかったから、情報を知りたくても知れない状態やった。

その後少しずつ本も増えてきたのですが「雑誌」っていうのはなかったと思う。


なので「雑誌」が発行されて嬉しかったです。

どうにもこうにも、本を読むのが苦手で

情報を知りたくても、本が読めないので情報を知れないことが多かったので…

専門雑誌だから、面白い

「きらり」は「みのりの森」という京都にある会社が制作している「発達障害の専門雑誌」です。

代表の朝倉美保さんも、発達障害の当事者です。


これが思ったより面白かった


だいたい本って誰か1人にクローズアップして、その人の考えとか人生とかが書かれているけど

この雑誌は色んな人にクローズアップされていました。

発達障害者といっても人それぞれ個性が違うので

個性的な人がたくさん紹介されていて、面白い!!!

「この人のことが気になるな。この人の書いた本を買ってみようかな」とか、取っ掛かりになるんちゃうかな。

普通の人が見たら「ふーん」と流すと思いますが(旦那さんはそうやった…)

アスペルガー(ASD)当事者からしたら、物凄く面白い雑誌でした(・∀・)

スポンサーリンク

文字の部分は、やっぱり読めていない

雑誌なので写真やイラストもたくさん使用されていて、中は華やかです。

文字が多いページもあるので、そこは全部読めてないのですが(笑)

ちょこちょこイラストが挟んであるので、私みたいな活字嫌いの人でも読みやすいかと思います。

活字を読む練習はやめた

昔は「頑張って活字を読めるようにしよう!」と小学生が読むような字が大きい本とか

自分が興味があるような内容の本とか

図書館に行ってみるとか

色々やってみたんですが、それでも活字を読むことは出来ませんでした。いまだに出来ません。

なので学生時代は本当に教科書を読むとか出来ませんでした。

それでも学校の成績は平均点くらいだったので

何かしら障害があるなんて思われへんかったんやけど。


自分でこうやって文章を打ったりすることは好きなんですが

その文章を読み返す事はほとんどありません。

なので誤字脱字多いし、何言うてんのかわからんブログになってますが

自分で書いた文章すら読めないという…


とりあえず自分で書いた文章を読み直す事から始めようか(´・ω・`)


漫画も載ってます

文字がメインですが、ちょっとした漫画も掲載されていました。

もちろん発達障害者についての漫画。

漫画にするとわかりやすいよね。

自分で四コマ漫画描いてる立場からしたら、凄く参考になります。

私もこうやって雑誌に載せてもらいたい(゚д゚)

スポンサーリンク

何巻を買う?

あかね
あかね

「きらり」1冊ください


金輝さん
金輝さん

何巻にする?


あかね
あかね

・・・。

私が試し読みしたのは6号だったので、6号を買ったのですが

(金輝さんのマスターが紹介されていました)他の号も置いてありました。

が、私は手を取らなかったです。

スポンサーリンク

1号から4号を手に取らなかった理由

きらりさんは現在1号から6号まで発行されています。

(画像クリックしたらamazonの商品ページにリンクしてあります)

1号

2号

3号

4号

5号

6号



私は子供が苦手です


見てもらったらわかるんやけど

こんな子供の顔写真バーン!ってデカデカと表紙になっている雑誌を読もうと思わなかったんです。

発達障害児を育てている親にとっては手に取りやすいのかもしれませんが

私は読もうともしませんでした。

すみません完全に個人的な意見ですが。



「発達障害児を育てている親」でなく

「発達障害の当事者である子なしの大人」からしたら、子供の写真が表紙の雑誌に拒否反応をおこしました。

別に子供が好きな人とか、何とも思わない人も多いと思いますが、私は無理でした。

5号と6号はイラストになっていたので読めたんですが。

もちろん誰にでも手に取ってもらえることが一番大事やけど、その点でイラストは無難だと思います。

なので1号から4号は何が載っているかは知りません(おい)

雑誌内には育児話がいっぱい載っています

雑誌の中には発達障害児を育てる親の話がたくさん掲載されています。

なので発達障害児の育児中の親にとっては参考になる話がたくさんあるんちゃうかな(´・ω・`)

別に育児話を聞くのは嫌いじゃないです。

自分に子供はいませんが(主婦ですが選択子なしです)

アスペルガーな子供を育てるのは普通の子育てよりも大変なことは当事者の自分が一番よく知っているし。

ただ表紙は…アカン…

もちろん成人の当事者の話もあります

子供だけでなく、私みたいな成人済みの当事者の話もたくさん掲載されています。

どの人も過去に辛い思いをされている方ばかりなので共感できるところが多いんちゃうかな(´・ω・`)

皆さん前向きに活動されている方ばかりなので

私もいつか取材されるような人間になれたら良いな!!!

って、顔出しするの嫌やけど…ネットに顔写真アップするのは恥ずかしい…


昔ブログに書いたことのある美人の友達はインスタグラムでよく顔写真をアップしていますが、それがまぁ美しいのなんの。

さっきも写真を見てうっとりしていました。彼女が紹介している商品が欲しくなる!!

これくらい美人ならこのブログにも顔写真出したと思います。

でも出せるような顔じゃないので\(^o^)/オワタ

美人で性格も良い友達をブスが紹介する話
美人は性格が悪いと言うけど性格が良い美人もいるので紹介します。ただし私はブスですし、友達紹介してと言われてこの友人は紹介しません。

どこで買える?

amazon

または「みのりの森」の通販サイトで購入出来ます

みのりの森 powered by BASE
「実りある人生を」をコンセプトに、さまざまな出版物をご紹介します。

定期購読もあります。


「みのり」はbaseのショップですね。

元ネットショップ店員なので、こういうところ見てしまう(笑)





私は大阪の発達障害カフェバー「金輝」さんで購入しました。

金輝さんには本も置いてあるので、試し読み出来ます。

金輝さんでは消費税込!

「金輝」発達障害アートカフェバーin大阪
「金輝」大阪の心斎橋にある発達障害アートカフェバーで開催された「作家さんと不思議さんのイラストPR」イベントに参加してきたのでその時のレポートです。

フリーペーパーも置いてありました。

これは各地に色々置いてあるようです。

興味がある方は是非お手にとってみてください(´・ω・)(・ω・`)ネー

error:Content is protected !!