発達障害者だからこそアフィリエイトをオススメする理由

私が不労収入を得ている方法も特別に紹介!

詳細はこちら

異才ネットワーク「大人の発達障害」in滋賀

あかねこの日常

 

アイドル右
みれい

「異才ネットワーク」って何?

あかね
あかね

滋賀県大津市を中心として

発達障害の当事者会や講演会の企画、

不登校の子供のフリースクールなど

開催されている団体。

アイドル右
みれい

大津市ってイジメ事件が有名になった場所じゃん?

やっぱイジメ多いの??

あかね
あかね

・・・。

 

(大津市内の小学、中学、高校に通ってましたが

全てイジメにあってきた人、言い返せず)

今回は滋賀県内で発達障害などの事業をしている「異才ネットワーク」さんの会に参加した、感想です。

ASDと診断されてから8年後に、発達障害の会に参加しようと思ったキッカケ

こんにちは。

アスペルガー(ASD、自閉症スペクトラム)と診断されたのは2010年頃の、あかねこ(@akaneko222222)です

 

実は、アスペルガーだと診断された時期をハッキリ覚えていません。

今はASDとか、自閉症スペクトラムという名前の診断名ですが

私が診断された時は「アスペルガー症候群」という名前でした。

 

なのでいまだに「アスペルガー」と名乗っていますし

ブログのタイトル名も「アスペルガー人生」としています。

 

あかね
あかね

もし今、変更するのであれば

「発達障害人生」にすると思います。

 

(当時、ADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)という言葉は知りませんでした。

後々、ADHDもLDもグレーゾーンじゃないか?と自分で気づくようになるのですが)

 

この記事を書いているのは2018年なのですが(2020年に書き直ししています)

診断されてから今に至るまで約8年くらい、期間があいています。

 

8年と言ったら小学生が入学してから、中学2年生になるまでなので結構な期間ですね。

その約8年間の間、ずっと

 

あかね
あかね

「アスペルガー」の人に

会おうとは思いませんでした。

 

診断された2010年当時は「発達障害」という言葉が今ほど浸透していませんでした。

「発達障害」と検索しても、情報が出てこない。

「発達障害の本」と検索しても、海外の本が1冊出てくるだけ。

その本を買って、母に渡した記憶があります。

 

2010年の頃はmixiがまだ全盛期だったので

mixiのコミュニティで、発達障害のオフ会が開催されているのは見ていました。

でもそういった「発達障害オフ会」に参加したことは、一度もなかったです。

 

あかね
あかね

同じアスペルガーの人に会ってみたい、

発達障害の人と話してみたい

 

と思わなかったんです。

今思えば、自分は発達障害だと認めたくなかったのかもしれないです。

だから「見て見ぬふり」をして、なんとなく過ごしてきました。

 

でも、このブログを書き始めて自分の中での知識が広まり、

2018年になって、最近ようやく「発達障害」の事に関して

テレビやメディアで積極的に放送されるようになり

 

あかね
あかね

同じ発達障害の人と話してみたいな…

 

と、自分の中の意識が変わりました。

「発達障害のブログを書いた」という事が、一番大きいです。

ブログ書いていなかったら、たぶんいまだに1人で悩んでいたと思います。

そして思いきって、発達障害の会に行こうと思ったのです。

 

午前中に「異才ネットワーク」

午後に大阪にある発達障害カフェバー「金輝」さんに行ったのですが

まずは、異才ネットワークさんから。

 

「異才ネットワーク」とは?

 

「異才ネットワーク」とは滋賀県大津市を中心に活動されている

「発達障害児とその親」を対象にしたグループです

 

大津市といっても合併したりして、結構規模が広いのですが

「JR大津駅」とか「京阪電車の浜大津駅」付近での開催が多いようです。

この日も、大津駅近くの建物で開催されました。

 

記念すべき?第一回目はやっぱり地元、滋賀県の会に参加してみたいなと思っていたんです。

 

とはいえ、いきなり初対面の人と話するのは

超絶コミュ障なアスペルガーにはハードルが高いので

一番最初は、勉強会に参加することにしました。

 

住んでいる場所柄、あんまり大津駅に行かないのですが

大津駅が綺麗にリニューアルされてから、初めて行きました

(ちなみにリニューアルされたのは、2016年のことです)

 

県庁がある駅なのに、大津県庁ってめちゃくちゃ地味です。

滋賀県以外の人からは

 

アイドル右
みれい

えっこの建物が県庁?

(地味すぎ!)

アイドル右
みれい

県庁がある駅なのに周囲に何もないw

ショボイwwww

 

って言われた事があります(´;ω;`)

滋賀県に何にも期待するな。

琵琶湖と平和堂しかないぞ。

 

三成さんに怒られるぞ。

(「三成さんは京都を許さない」という「翔んで埼玉」の滋賀版みたいな漫画)

 

全国47都道府県の県庁を見たわけではないですが

今まで見た中では、愛知県の愛知県庁がオシャレだなと思いました。

お城の城郭風の屋根がついているんですよ。

 

これでもマシになったんですよ…大津駅…(´;ω;`)

 

「異才ネットワーク」の活動内容

「異才ネットワーク」の活動内容その1:どうだの会

自分の得意なことを「どうだ!」と披露して、

周りのみんなに「すご~い!」と言ってもらう会です。

 

発達凹凸を抱え、学校にフィットしにくい子どもたちは

自尊心の低さから自分に自信がなく

生きづらさをかかえることもあります。

大人も子どもも「どうだの会」で元気になってほしいと思いを込めて活動しています。

 

あかね
あかね

さ:さすが!

し:知らなかった!

す:すご~い!

せ:センスが良いね!

そ:そうなんだ!

 

ってのが、モテる「さしすせそ」

 

「異才ネットワーク」の活動内容その2:勉強会・セミナー

セミナー、講演会

発達凹凸の子どもたちを育てるにあたって、

発達障害の基本的な知識や手立ての方法、

また学校とのかかわり方や個別指導計画、

合理的配慮についてなど、

親同士が共有しておきたいことについての勉強会をしています。

 

また、外部講師をおよびしてのセミナーや、

異才ネットワークスタッフによるセミナーなども開催しております。

 

あかね
あかね

「ギフテッド」「2e」についてのセミナーが多いです。

ギフテッドは、まだ知っている人が少ないですので

是非、興味があれば話を聞いてみてください

 

「異才ネットワーク」の活動内容その3:茶話会

珈琲、コーヒーカップ

親同士の交流会です。

お茶を飲みながら、家庭での困ったことや、学校の話など、何でもお話しませんか?

初めて来られる方にもご安心いただけるよう、配慮しております。

来てよかったと思っていただけるよう、あたたかな雰囲気でお待ちしております。

 

あかね
あかね

普段、たまっている鬱憤を

お話するだけでスッキリしますからね。

 

「異才ネットワーク」の活動内容その4:ピアカウンセリング

コーヒーカップ、相談、手を取り合う

ピアとは「仲間」のこと。

異才ネットワークのピアカウンセリングは、

認定心理士、教育カウンセラー、コーチング資格などを取得しているスタッフが

カウンセリングやコーチングを実施します。

 

あかね
あかね

「ピアヘルパー」っていうよくわからん資格を

私も持っているのですが、

役に立ってんのかどうか謎。

 

「異才ネットワーク」の活動内容その5:フリースクール「トライアンフ」

悩む子供、不登校

学校にフィットしない不登校の子供たちのための、フリースクール。

大津百町館で毎週、水曜日の10:00~13:00に開催されています

 

あかね
あかね

ちなみに「トライアンフ」っていうお店が、

滋賀県内にあるのですが

そちらは「バイクやオートバイを売っているお店」です。

 

「異才ネットワーク」の活動内容その6:発達障害の当事者会

話題、会話、トーク

基本的に異才ネットワークは

「発達障害の子供、または発達障害児を持つ親」向けの会なのですが

「大人の発達凸凹の会~イロイロ~」

という、大人向けの自助会も開催されています

 

あかね
あかね

大人の発達障害である私には

物凄く助かっています。

 

※HPから掲載させていただきました。

 

「異才ネットワーク」で開催された事の詳細

異才ネットワークでの内容その1:プレゼンでの勉強会

プレゼンをする女性

異才ネットワークさんでは、たまに勉強会をされているようですが

今回のテーマは「大人の発達障害」だったので、参加してみました。

 

スクリーンに映像、手元に同じものを印刷したプリントを持っての勉強会。

・「ASD(自閉症スペクトラム)とは何か」

・「ADHD(注意欠陥多動性障害)とは何か」

・「LD(学習障害)とは何か」

・「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは何か」

 

異才ネットワーク代表の谷川さんが司会で、

「発達障害とは何か」という事について、簡単に説明してくださいました

 

わかりやすい内容だったので、これは学校とかでも教えてもらいたいなと思いました。

道徳の授業とかで取り入れてほしいくらい。

異才ネットワークでの内容その2:1分間の体験テスト

考える、電球

谷川さん
谷川さん

1分間目をとじて、

1分経過したと思ったら静かに挙手してください。

数は数えないでくださいね

 

という簡単なテストがありました。

 

あかね
あかね

苦手や(;´Д`)

 

最初の時点で「こういうの苦手だな」

と思ったんですが、やっぱり予感は的中しました。

 

あかね
あかね

えーと、今日はこれからこの後大阪に行って、

明日は名古屋に行くから…

道沿いやから車の音が響くなぁ…

 

谷川さん
谷川さん

そろそろ2分たつので

まだ手を挙げていない人は

これくらいにしておきましょうか~

 

と声をかけられて、正気に戻る( ゚д゚)ハッ!

 

あかね
あかね

え?!2分もたってた?????

 

っていうか放っておいたら、この人いつまでも寝てたと思います←

 

早い人は30秒くらいで挙手されていたようです。

ちゃんと60秒前後で挙手されていた人もいらっしゃいました。

さすがに120秒経過したのは、私だけでしたが(笑)

 

 

「ADHD」の人は、この時間間隔にズレがあるみたいで、短くなる傾向があるようです。

たとえば出かけるまでに10分あったとしたら

「あと10分しかない!」でなく

「あと10分もあるから●●をしよう!」

となってしまうみたい。

 

普通の人だったら

「あと10分しかないから、そろそろ出かけなきゃ」

思うところが

「あと10分あるから食器洗っておこう」

→結局時間がなくなる

→鍵がない!携帯がない!!

→遅刻…

 

ひとつのことが終わらないうちに、別の事を思いついて始めてしまうものの

優先順位をつけることは苦手なので、

片っ端から予定が入っているけど時間が足りないという…

 

私はこういう事はあんまりないのですが。

だいたい自分の中でルーチンが決まっているので、

それ以外の事を入れようと思わないんです。

 

「出かける前に食器を洗う」というルーチンが入っていないので。

ASDはこういうタイプのほうが多いんじゃないでしょうか。

きっちり決まった予定通りちゃんとこなしていくのが得意です。

逆に、予定がちょっとでも狂うとパニックになってしまいます。

 

▂▅▇█▓▒ (‘ω’) ▒▓█▇▅▂うわぁぁぁ!!

 

異才ネットワークでの内容その3:交流会

お喋りする女性、会話、井戸端会議

プレゼンが終了して、参加者の皆さんで少し交流会がありましたがほとんどの方が

「発達障害児の親」

「教育関係の人」

とかで、当事者は今回参加しておられませんでした。

 

でもこうやって

「発達障害者の周囲の人が発達障害について理解しよう」

としてくれる人がたくさんいるんだということが

間近で見られたので嬉しかったです

 

2010年の頃にはなかった光景が、見られました。

嬉しいな~行って良かったな~

 

「異才ネットワーク」の住所、連絡先などの詳細情報

サポート、相談、手助け

・住所:〒520-0047

滋賀県大津市浜大津4-1-1(明日都浜大津1階)

・電話:050-5240-3841

・メール:isai_nw@outlook

・FAX:077-535-7754

 

運営スタッフさんの紹介。

代表:谷川 知 (たにかわとも)さん

・日本LD学会所属

・NPO日本教育カウンセラー協会認定教育カウンセラー

・NPO日本キャリアカウンセラー協会認定エグゼクティブコーチ

 

副代表:直江 和子 (なおえかずこ)さん

・社会福祉士

・精神保健福祉士

・介護福祉士

・介護支援専門員

・認定心理士

 

子ども美術作家  杉野 こみち (すぎのこみち)さん

・子ども向け絵画教室を開催

 

発達障害セミナー講師:谷川 友士 (たにかわゆうと)さん

セミナー「私が学校に行かないわけ」など、講演実績を多数持つ、現役高校生。

 

スタッフの方は女性の方が多いですが

男性のスタッフもいらっしゃいますので

男性の方もお気軽にどうぞ。

また、随時スタッフは募集されています。

 

異才ネットワークさんのHPはこちら。

 

イベント情報を知るなら、Facebookが良いと思います。

わりと数か月先まで、イベント情報が掲載されていますので

予定が立てやすいです。

 

異才ネットワークさんでの勉強会が終わった後は、

大阪にある、発達障害カフェバー「金輝」さんに向かいました。

その時の様子はこちらからどうぞ。

error:Content is protected !!