異才ネットワーク「大人の発達障害」in滋賀

あかねこの日常

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発達障害の会に参加してみたその1

こんにちは。アスペルガーと診断されたのは2010年頃の、あかねこ(@akaneko222222)です

時期をハッキリ覚えていない(;´Д`)


診断されてから今に至るまで数年間の期間があいているんですが、この間に「アスペルガー」の人に会おうとは思いませんでした。

数は少ないけど、アスペルガーのオフ会とかmixiで開催されているのは見ていました。

でもそういう発達障害オフ会に参加したことは一度もありません。

「同じアスペルガーの人に会ってみたい」「発達障害の人と話してみたい」と思わなかった。


認めたくなかったのかもしれない、自分自身の事を。

でも、このブログを書き始めて知識が広まり、最近ようやく発達障害の事に関してテレビとかでも放送されるようになり

「同じ発達障害の人と話してみたいな」と、ふと思うようになりました。

2件行ったので、まず1件目から。

異才ネットワークさん

滋賀県大津市を中心に活動されている「発達障害児とその親」を対象にしたグループ。

「見えない障害」を抱える子供に対しての活動や、保護者に対して勉強会などをされています。

大津市といっても、大津駅とか浜大津駅付近が多いようです。

住んでいる場所柄、あんまり大津駅に行かないのですが大津駅が綺麗にリニューアルされてから、初めて行きました。


県庁がある駅やのに、超地味。

愛知県の人からは「これ県庁?」「これ県庁がある駅??」って言われた事があり。

愛知の県庁ってゴージャスやからねぇ…

これでもマシになったんですよー大津駅(´;ω;`)

riccaさん

そもそも滋賀県にはこういう「発達障害の会」が少ない!!!!!!!

なかったら作ったら良いやん!って感じで新潟のriccaさんが同じような感じで会を設立されていますが

私は超絶人見知り&話するのが苦手なので…手伝いくらいなら出来るけど…

riccaさんは主催者さんが着物好きなので親近感持ってます(*´▽`*)

スポンサーリンク

プレゼンでの勉強会

異才ネットワークさんではたまに勉強会をされているようですが

今回のテーマは「大人の発達障害」だったので、参加してみました。

スクリーンに映像、手元に同じものを印刷したプリントを持っての勉強会。

「自閉症スペクトラムとは何か」

「ADHDとは何か」

「LDとは何か」

「HSPとは何か」

を簡単に説明してくださいました


わかりやすい内容だったので、これは学校とかでも教えてもらいたいなと思いました。

道徳の授業とかで取り入れてほしいくらい。

1分間目をつぶる

そこで「1分間目をとじて、1分経過したと思ったら静かに挙手してください。数は数えないでくださいね」という簡単なテストがありました。


苦手や(;´Д`)


最初の時点で「こういうの苦手やな」と思ったんですが、やっぱり予感は的中しました。


違う事を考え出す


目をつぶって…1分経つのを待つ…

えーと、今日はこれからこの後大阪に行って、明日は名古屋に行くから…道沿いやから車の音が響くなぁ…



「そろそろ2分たつのでまだ手を挙げていない人はこれくらいにしておきましょうか~」

と声をかけられて、正気に戻る( ゚д゚)ハッ!


え、2分もたってた?????

っていうか放っておいたら、この人いつまでも寝てたと思います←


スポンサーリンク

ADHDの時間間隔

早い人は30秒くらいで挙手されていたようです。

ちゃんと60秒前後で挙手されていた人もいたし、さすがに120秒経過したのは私だけでしたが(笑)

「ADHD」の人は、この時間間隔にズレがあるみたいで、短くなる傾向があるようです。

たとえば出かけるまでに10分あったとしたら「あと10分しかない!」でなく「あと10分もあるから●●をしよう!」となってしまうみたい。


普通の人だったら「あと10分しかないから、そろそろ出かけなきゃ」と思うところが

「あと10分あるから食器洗っておこう」→→結局時間がなくなる→鍵がない!携帯がない!!→遅刻…

ひとつのことが終わらないうちに別の事を思いついて始めてしまうものの

優先順位をつけることは苦手なので、片っ端から予定が入っているけど時間が足りないという…


私はこういう事はあんまりないのですが。

だいたい自分の中でルーチンが決まっているので、それ以外の事を入れようと思わないんです。

出かける前に食器を洗うというルーチンが入っていないので。

ASDはこういうタイプのほうが多いんちゃうかな。

きっちり決まった予定通りちゃんとこなしていくの。予定がちょっとでも狂うとパニックになる(;´・ω・)

勉強になりました

プレゼンが終了して、参加者の皆さんで少し交流会がありましたが、ほとんどの方が

「発達障害児の親」「教育関係の人」とかで、当事者は今回参加しておられませんでした。

でもこうやって「発達障害者の周囲の人が発達障害について理解しよう」

としてくれる人がたくさんいるんだということが間近で見られたので嬉しかったです


私が診断された時はこんな風に「理解しよう」と思ってくれる人は周囲に皆無だったので。

でも、一番は自分自身が「理解しよう」と思っていなかったのもあるかもしれません。

いまだに私の家族(父と姉)は理解していないと思います。

言ってないので当たり前なんやけど…もう今さら理解を求めようとは思ってません。

ただ、母には理解してもらいたかったなぁ。

スポンサーリンク

気が向いたら、行ってみて

なかなかこういう「発達障害の会」は行こうと思っても行きにくいものだと思います。

私も存在は知っていましたが、実際に行こうと行動にうつしたのには少し時間がかかりました。

なかなか「行こう」と思っても実際に行くのって勇気がいることやからね。

超絶人見知りやから初対面の人と会うなんてめちゃくちゃ緊張するし

話するのも苦手やから上手く喋れないし…

じゃあ何で行ったねん


こちらの会はあくまで子供と保護者の会ですので、子供がいない私はあんまり関係ないかなぁと思いましたが

発達障害児をお持ちの親は、もし良かったら参加してみてください。

滋賀県にはこういう活動されている団体が本当に少ないので…。

異才ネットワークさんのHP


私は既婚者ですが、こどもがいない理由についてはこちらに書いています

あさイチ「女性の発達障害特集」と子供について
NHKの「女性と発達障害特集」を見た感想。既婚でも子供がいない理由は聴覚過敏だからです。うるさくて虐待してもおかしくないくらい音が響きます。だから赤ちゃんいないんです。


時間をすぎても参加者さんたちは少しお話されていましたが

私はこの後、別の会がありましたので先に帰らせていただきました。

この次に、大阪の金輝さんに向かいました。

その時の様子はこちらから

「金輝」発達障害アートカフェバーin大阪
「金輝」大阪の心斎橋にある発達障害アートカフェバーで開催された「作家さんと不思議さんのイラストPR」イベントに参加してきたのでその時のレポートです。
error:Content is protected !!