日本人が中国行ったら違和感がなかった話

あかねこの日常

日本人です

こんにちは。カメラの顔認証ですら顔として認識されないくらい平たい顔族の、あかねこ(@akaneko222222)です

スマホにすら認識されない凸凹のない顔…。


前回、中国人に間違われた話を書いたのですが

今日は実際に中国に行った時の話を書きます。

今回はアスペルガー話は、ありません(´・ω・`)

日本人が温泉で中国人に間違われた話
鹿児島県指宿市の砂蒸し風呂に行ったらスッピン裸の状態だと中国人に間違われました。日本人なのに中国語で話しかけられました。

仕事で中国出張

あかねこ、そもそも旅行に興味がないのであんまり旅行に行きません。

年に数回、国内旅行に行くだけ。海外は行きません。

以前働いていた会社で「中国出張」があったので、その時にはじめてパスポート取得しました。

海外に行ったのはこれ1回きりです。

行ったのは上海よりもう少し南の地域。

バイリンガルが多い

うちの会社の中国人スタッフが現地を案内してくれたので、移動などは困らなかった。

中国語はもちろん、日本語も英語もペラペラ。


「英語のほうが話しやすいんだ!サイトウさんは英語は話せる?」

「・・・日本語しか出来ません」


中国語、英語、日本語の3か国語話せるなんて凄いな。

韓国語とかフランス語とか、他の言語が話せる人もいた。

日本人は日本語だけか、日本語と英語の人が多いよね。

もちろん世界共通語の英語を話せたほうが良いに決まってるけど

私は勉強するなら手話を勉強したいと思ってる(´・ω・`)

いじめ防止フォーラム。鈴木明子さんの講演より目を引いた事とは
鈴木明子さんの講演会に参加。隣にいた手話通訳の人の手の動きが楽しいので手話の人ばかり見ていた。手話は全くの初心者なのですが。

食生活が合わない

現地での食事も現地スタッフがお店を案内してくれて、注文とかもしてくれたので助かったんやけど

どれもこれも辛い!!


あかねこ、普段は超がつくほど薄味で自炊してます。

精進料理とか、病院食みたいな感じ。

外食やお惣菜は、味が濃いので苦手です。

とにかく調味料が大の苦手。

ふつうってなんだろう?調味料が嫌いな私の普通
味覚過敏のため、醤油やマヨネーズといった調味料が苦手です。でもそれが自分にとっては普通です。調味料をつけないというだけで変だと言う風潮はやめてもらえないでしょうか?


中国での外食は、辛い!!!!!!!!!!!!

何を食べても「辛い!」「辛い!」ばっか言って困らせました

日本にいる時もスパイシーな物は苦手です。カレーは甘口派。


「このへん(上海料理)はまだ甘辛い味が多いけど、四川料理はもっと辛いよ~」

なんて平気な顔でご飯を食べる中国人。

そして甘いお茶をゴクゴクと飲む。

「料理が辛いから、飲み物は甘いんだよ」って。


口の中がおかしくなりそうや!!!!

ヒーハー!!!!


中国人に中国人と言われる

仕事中に移動していた時、突然


「サイトウさんって中国人ぽい顔だね」と中国人に言われた。


この時は完全フリーズではなく、半分くらいのフリーズやった。

平たい顔族なのは自分でも認めてるし、中国っぽい顔やけど

まさか本物の中国人にまで言われるとは。


「中国住んでても違和感ないよ!住んでみない?物価安いよ!!」

なんて勧誘までされた。


中国人にも認められた、中国人顔


あぁもう中国人でいいや・・・你好と謝々しかわからんけど(諦)

違和感はなかった

きっとこれがアメリカとかヨーロッパとかやったら、鼻が高くて彫が深い人ばっかりやから

その中にいたら違和感だらけやろうけど

中国にいたら、自分と同じような顔ばっかりやったので、不思議と違和感はなかった。

街中に置いてある看板も漢字で書いてあるから、漢字やったら何となく意味がわかるし。

(英語のほうがわからない)


物価が安いよ!って言ってはったのは、ほんまに安かった。

そこらへんの出店でリンゴとかスイカが売ってたんやけど、1個1元(16円くらい)とかやった。

食べ物以外も、ゼロの桁が1つ違う物がほとんどやった。

スイカ買ってあげるよ!とデカいスイカを買ってくれはったんやけど、日本に持って帰るに帰れんから

ホテルでスイカをむしゃむしゃ食べました。これは甘かった。

やっぱり日本が好き

それまで海外に出たことがなかったから何とも思わなかったけど

海外に行ったことにより「やっぱり日本が良いな」と再認識しました。

この時期以降に、着物とか日本庭園に興味を持ちだしたので。

中国人に間違われるし、中国人も認めるくらい中国人顔やけど、日本が好きですヾ(*´∀`*)ノ

きもの親善大使

そういえば、滋賀県長浜市の「きもの親善大使」応募者ゼロやったってニュースになってたけど

そりゃそうやろうなぁと思ってしまった。

滋賀県内で着物を着て歩いている人なんて、ほとんどいません(私みたいに、たまにいるにはいるけど)

いたとしても、若い女性は皆無に等しいです。


きもの親善大使の応募資格は「滋賀県在住、または在勤、在学の18歳から40歳以下の、着物が似合う女性」となってます。

この応募資格に当てはまる年齢の女性は着物着ませんから!!!!!!!!!!!!!!!

若い人の着物問題

着物を普段着ているのって、40歳以上の人がほとんどやと思います。

あかねこ、滋賀県民で年齢37歳、着物が似合う体型なので応募資格はありますが

中国人顔なので絶対応募はしません←


最近の若い子は顔が小さくて手足も長く、腰の位置も高いので着物が似合わないと思いました。

正座をしなくなって椅子文化になった、食文化が欧米になった、とか色々言われてますが

たしかに洋服であれば、しっかりした肩幅や、長い脚はとても似合います。

着物は寸胴、なで肩、多少顔がデカい方が似合います。

小顔で手足がすらっと長い外国の人が着物を着るとどうも違和感が。可愛いんやけどさ。


「演歌の良さ」がわかるのは中年以降からやと言いますが、そんな感じやと思います。

若い子に「演歌良いよ!聞いて!」つっても聞いてもらえんやろ。

若い子にアピールするより、40歳以上の人にもっとアピールしたほうが良いと思うんやけどなぁ(´・ω・`)

error:Content is protected !!