扉恐怖症。ドア恐怖症。いろんな恐怖症。

あかねこの日常

スポンサーリンク
スポンサーリンク

扉恐怖症

こんにちは。扉恐怖症の、あかねこ(@akaneko222222)です


なんでもかんでも恐怖症をつけるな!と言われそうやけど、この扉恐怖症はもう10年以上前から言われてます

(当時受けていた、カウンセリングの先生に言われた)

実際に扉が怖いと思っていたのは小学生の頃からやから、もう20年くらい扉と戦ってる。

そもそも、扉恐怖症って??

扉恐怖症とは

よく耳にするのは「回転ドアが怖い」「自動扉が怖い」という話やけど

あかねこの場合は、その名の通り「扉が怖い」というより「扉の向こうに何があるかわからないから怖い」という症状です

なので「扉の向こう恐怖症」とかいう名前なんかもしれんけど、よくわからん。

ちなみに、回転ドアは平気です。

自動扉は、全面ガラスで室内が見えるものやったら平気です。

「室内がまったく見えなかったり、見にくい」扉が、苦手です。

中が見えないって、怖くない?

だいたいの部屋は扉があって、扉を開けないと部屋に入れへんもんやけど

あかねこは、このドアを開けるのがとてつもなく苦手です。

だって、部屋の中がどうなってるかわからんやん。

見えない景色を、自分の手であけるなんて、怖い。

だから自分の家の中とかは平気なんやけど、初めて行く場所やと確実に開けることが出来ない。

何度か行った場所は、入れる時と入れない時があった。


なので精神科に通院していた時は、私の番になるとカウンセリング室のドアを少し開けて室内が見えるようにしてくれていました。

少しでも開いていて室内が見えている状態やと、確実に入れたので。

こちらを見られるのが怖い

あと、ドアをあけたとき、室内にいる人がこちらを見るのが怖い。

そりゃ、人が入ってきたら見てしまうもんやけど

その視線が怖くて(視線恐怖症)

ドア開けるの怖いし、思い切ってドアを開けたら中にいる人に見られるし。

実際、室内にいる人は入ってきた人の事なんて何も気にしてないんやけどね。

教室のドアが閉まっていると入れない

小学生の頃からこの症状はありました。

教室のドアが閉まってたら、入れないから、誰かが開けてくれるのを待ってた。

(他人が開けてくれたら、入る事は可能)

でも誰もいなかった時は、ひたすら廊下で待ってた。


サボっているわけでもなく、そわそわしている生徒が廊下にいたら、そら通りがかりの先生も気になるやろう。


「入らないの?授業始まってるよ?」

「教室怖くて入れないです」

「怖い?先生と一緒に入ろうか」


先生がガラッと教室のドアを開ける。

中にいる生徒が一斉にこっちを見る。


ギャァァァァァ!!!!!!!

視線!怖い!(((;゚;Д;゚)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ


ちなみに誰も通らなかったり、声かけてもらわなかった場合は

教室に入れなくて、そのまま授業が終わったこともあります。

「廊下に立っとけ!」と先生に締め出されたわけではなく、自ら廊下にいた人…

そこで「保健室に行く」という考えはなかった。

保健室は独特の匂いが苦手で、あんまり行きたくなかったんです(´・ω・`)

スポンサーリンク

面接時も、入れない

これは大人になってからも治らなくて、アルバイトの面接でいざ面接!というときも

ドアが開けれなくて入れなかったことが、何度かある。

バイト先からしたら「すっぽかし!」と思われたやろうけど

いや、ちゃんと面接の日時に、履歴書持って、その現場にいました。


ただ、ドアが怖くて、足がすくんで中に入れなかった・・・

じゃあ電話の一本でも入れろよという感じやけど、恐怖で頭がいっぱいでそれどころじゃなかった。

この時は緊張MAX状態やから、ガラス張りのドアの店の場合も、入れませんでした。


ああああああああああああドアが怖い~~~~~!!!!!!!!!!!


今も、入れない

37歳になった現在も、これは治ってません。

外食が苦手なのは、外でご飯を食べることが苦手ということもあるけど

「ドアが怖くて入れない」というのが一番の原因です。

ドアなんてほとんどのお店にあるからね。

ショッピングモールの中とかの、ドアがないタイプの飲食店ならまだマシ

(マシなので、気軽に入れるわけではないです)


扉のガラスが透明で、店内が見えるタイプのお店もまだ平気。

スナックとかの、室内がまったく見えないタイプの扉はどうしても無理。


これは飲食店に限らず、学校とか会社とか、ありとあらゆる建物において同じ。

「扉の向こうに何があるのかわからない」場所の、扉を開けるのが怖い。

誰かといる時は大丈夫?

誰かと一緒にいる場合は大丈夫な場合が多いです。

開けてもらうから。


自分で開けるのは怖いんやけど、他人に開けてもらうのは大丈夫です。

なのでほぼ、誰か一緒にいる人に開けてもらいます。

仲が良い人であれば、私が扉恐怖症なのを知っているので、開けてくれます。

知らない人であれば「お先にどうぞ((*^∀^))ニコッ」って言って先に行ってもらう。

実際は「先に行けよ ( ̄ー ̄)ニヤリ」かもしれんけどな。


「いやいやお先に~」「いやいや~」とかいうやり取りがあることもあるけど、

そこは絶対先に行ってもらう!っていうか開けてくれ!!!!


あかねこは基本的に一人行動が多いので、あんまりこういう事はないけど。

治療法や対処法は?

「少しずつ慣れていく」

これしかないと思います。


「ガラス扉が大丈夫であれば、全面ガラス張りでなく半分ガラス張りの扉」

「ドアの中は見えないけど、大きいガラス窓があって、室内が見える店」とか。

自分の調子が良くて、大丈夫そうやなというお店の場合は頑張って入ってみる時もあります。


たかだかドアで…と思われるやろうけど、当の本人はもう何十年もずっと困ってます。

ちなみに精神科で処方された薬の服薬もしていましたが、私にはほとんど効果がなかったです

(服薬は個人差があると思う)


ドアの前で挙動不審な動きをしている人がいたら

「邪魔やな!入るならさっさと入れや!」と思われるやろうけど

扉恐怖症で、見えない恐怖と戦っている人かもしれません(´・ω・`)

error:Content is protected !!